善玉菌のエサになる食品で腸内環境改善

便秘を解消するには腸内環境を整えることが重要です。

腸内環境をよくするには善玉菌を増やす必要があります。

善玉菌が乳酸や酢酸などを作り出すことで腸内が酸性になり、 悪玉菌が棲みにくい環境になります。

酢酸などは腸を刺激して蠕動運動を促します。

善玉菌のエサとなり善玉菌を増やす働きがある成分がオリゴ糖と食物繊維です。

オリゴ糖は単糖類が数個つながった成分で、消化されずに大腸に届いて善玉菌のエサになります。 http://www.jitensha-repair.com/zendamakin/

低カロリーで1gあたり0~2kcalです。

バナナ、たまねぎ、大豆などに含まれている他、 粉末や液状のオリゴ糖も販売されています。

オリゴ糖は熱に強いので、料理に使ったり、 コーヒーや紅茶などの飲み物に加えて摂ることができます。

食物繊維には不溶性と水溶性があり、善玉菌のエサになるのは水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維は海藻、よく熟した果物、大麦、オクラなどに多く含まれています。

水溶性食物繊維が多い食品はあまり多くはないので、意識して摂る必要があります。